CAFC、Inequitable Condcutの基準について判示

CAFCは、Therasense Inc. et al. v. Becton Dickinson & Co. et al.において、inequitable conductについてより厳しい基準を示した。

En bancで審理された同判決では、inequitable conductの成立には、特許権者等が故意に(deliberately)重要な情報(material information)を開示しなかったことが求められ、重要性の判断にはいわゆる”but-for” standardが用いられるとしている(すなわち、その情報が提出されれば許可されなかったはずである、との基準)。

また、intentに関しては、いわゆるspecific intetnを要求し、”the accused infringer must prove by clear and convincing evidence that the applicant knew of the reference, knew that it was material, and made a deliberate decision to withhold it.”と判示している。

内容をさらに精査する必要がありますが、inequitable conductの立証がかなり厳しい方向になると予想されます。。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁

コメントを残す