CAFC、デザインパテントの"point of novelty"要件につきen bancでの審理を開始

CAFCは、Design Patent の侵害判断に要求される”point of novelty”要件につき、en bancでの審理を開始すると発表した。

Design patentの侵害を立証するためには、(1)対象となるデザインがdesign patentと実質的に類似していること、(2)対象となるデザインがdesign patentを公知例と区別する新規な部分を実施していること(“point of novelty”)、が要求される。

今回は、この”point of novelty”が侵害成立の要件として適切かを含め判断がなされる模様。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁

コメントを残す