【半導体関係】日本マイクロニクス、ITCに提訴される

米FormFactor社は、11月13日、株式会社日本マイクロニクスをITCに提訴した模様。FormFactory社は、昨年11月に、カリフォルニア州北部連邦地裁に同社を提訴している。同地裁での訴訟進行状況の詳細は不明。

日本マイクロニクスは、プローブ・カード、プローバ、パッケージ・プローブ、液晶ディスプレイ検査装置などの製造販売を行っている。連邦地裁での訴訟では、同社開発に係る『U-Probe』の製造技術が訴訟対象となっているものと思われるが、今ITCにおける詳細は不明。

ITCへの提訴対象特許は、USP 5,994,152; 6,509,751; 6,615,485; 6,624,648; 7,168,162; 7,225,538。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁

コメントを残す