DJ提起要件に関するCAFC判決

CAFCは、Prasco LLC v. Medicis Pharmaceutical Corp. et al.において、特許に関連する製品を製造していることだけでは、declaratory judgmentを提起するための要件である”controversy”に該当しない旨を判示した。Prascoは、Medicisが他の競業他社に対して訴訟を提起していること等を理由にDJ提起の要件を満たす旨議論したが、CAFCには認められなかった。

DJ提起の要件については、先の最高裁判決(MedImmune)において、”reasonable apprehension”テストのみが判断基準でないことを示したが、本事例の場合はDJ提起の要件を満たさないとの判断がされた。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁