"signal"クレームの法定主題性、CAFC en bancで審理か

既報のとおり、CAFCは、In re Petrus A.C.M. Nuijten ケースにおいて、”signal”は法定の主題ではないと判示した。これに対し、en bancでの審理を求めるpetitionが提出されている模様。法定主題性に関し、en bancでの審理が行われる可能性がある。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁