【半導体関係】Hynix、東芝とクロスライセンス締結

Hynix Semiconductorは、2004年から続く東芝との特許訴訟を和解しクロスライセンスを締結した。東芝とHynixは1996年に半導体技術の特許クロスライセンス契約を締結したが、2002年の契約満了に伴う契約更改が不調に終わり日米での特許訴訟に発展していた。クロスライセンス契約ではHynixからの金銭支払いとともに東芝によるHynix製品の購入も規定されている模様。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁

特許関係訴訟、増加傾向続く

米国連邦裁判所事務局(Administrative Office of the United States Courts)は2006年の訴訟統計を発表した。特許訴訟の件数は2830件と、2005年の2720件から上昇した。特許関係訴訟の全体的な増加傾向は続いている模様。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁

【半導体関係】Rambus、FTCでstay獲得

FTC(the Federal Trade Commission)は、先に出した命令(order)のうち実施料率の上限を設ける部分をstayした。Stayは、Rambus Inc.がCAFCでの再審理を求めることにより有効となる。なお、RambusはCAFCへのappealと同時に、FTC内でも再審理を求めると発表している模様。

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁