USPTO、早期審査に基づく特許第1号を付与

昨年7月のTownsend Client Alertでお知らせしたUSPTOの新しい早期審査制度に基づく初めての特許が付与されました(USP 7,188,939)。特許の対象はインクカートリッジに関するものであり、USPTOの発表によれば、通常25.4ヶ月かかる審査期間が6ヶ月に短縮されたとのことです。

従来の早期審査制度(Petition to make special)と異なり、出願時にpetitionを提出する必要があります。また、公知例調査済を理由に審査促進を申請する場合には公知例とクレームとの対比等が求められる等、手続が複雑化しています。

以下は、昨年7月のClient Alertです。
http://www.townsend.com/files/JapanPatentApp.pdf

タウンゼント知財総合事務所/ 穐場 仁