Community Patent Review パイロットプログラム

USPTOは、公開特許に対してウェブ上で情報提供を可能とするパイロットプログラムを検討している模様です。一部米メディアなどでとりあげられているようですが、USPTOのホームページには詳細な情報は掲載されていないようです。

このパイロットプログラムは1年間の予定で、リソースの関係から”Tehnology Center 2100 (Computer architecture, software and Information Security)”の出願に限り、件数も一部(数十件程度?)に限られる予定とのことです。

具体的な内容は未だ不明なため、適宜フォローしたいと思います。

タウンゼント知財総合事務所/穐場 仁