カリフォルニア州司法長官(CALIFORNIA ATTORNEY GENERAL)、CCPAの施行日が近づくことを見据え規則を確定 -  CALIFORNIA ATTORNEY GENERAL FINALIZES CCPA REGULATIONS AS THE LAW’S ENFORCEMENT DATE NEARS

弊所の英文Legal Alertの和訳を www.kilpatricktownsend.jp の「最新情報」欄に掲載しました。カルフォルニア州の消費者プライバシー法(CCPA)に関する記事です。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

故意侵害(WILLFUL INFRINGEMENT)を避けるための弁護士鑑定はいつ入手すべきか:知財担当者へのガイドライン – WHEN TO OBTAIN OPINIONS OF COUNSEL TO AVOID WILLFUL INFRINGEMENT: GUIDANCE FOR IN-HOUSE COUNSEL

弊所の英文Legal Alertの和訳を www.kilpatricktownsend.jp の「最新情報」欄に掲載しました。San FranciscoオフィスのPaul Haughey弁護士が投稿した弁護士鑑定に関する記事です。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

米連邦最高裁判所は、ランハム法(THE LANHAM ACT – 連邦商標法)に基づく被告利益の回収のための条件として、被告の故意が必要ではないことを判示 – THE SUPREME COURT ABROGATES WILLFULNESS AS A BRIGHT-LINE PREREQUISITE FOR ACCOUNTINGS OF PROFITS UNDER THE LANHAM ACT

弊所の英文Legal Alertの和訳を www.kilpatricktownsend.jp の「最新情報」欄に掲載しました。商標権侵害に対する救済に関する米最高裁判決を解説したものです。米連邦商標法の下で認められる被告利益の回収について、被告を故意を絶対的な条件とはしない、との判示です。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

便乗値上げ(PRICE GOUGING)と戦うための商標法の利用: 消尽論(EXHAUSTION DOCTRINE)に注意 - USING TRADEMARK LAW TO FIGHT PRICE GOUGING: BEWARE THE EXHAUSTION DOCTRINE

弊所の英文Legal Alertの和訳を www.kilpatricktownsend.jp の「最新情報」欄に掲載しました。商標権の消尽論について、マスクの高額転売との関係で解説したものです。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

キルパトリック・タウンゼント、注目を集めていた米国最高裁判所の特許事件で勝利 – KILPATRICK TOWNSEND WINS CLOSELY WATCHED U.S. SUPREME COURT PATENT CASE FOR THRYV, INC.

弊所のアジア・プラクティス・ページの「最新情報」をアップデートしました。

www.kilpatricktownsend.jp

Kilpatrick TownsendのAdam Charnes弁護士他が米連邦最高裁にて、Thryv社を代理し勝訴判決を獲得いたしました。当事者系レビューに関し、時期的な要件により同レビューが開始されなかった場合、その判断を上級審で争うことができるか、という内容です。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

故意の無知: 他社特許調査方針のガイダンス – WILLFUL BLINDNESS: GUIDANCE FOR IN-HOUSE PATENT REVIEW POLICIES

だいぶ長い間ブログを放置してしまいました。申し訳ありません。

弊所のアジア・プラクティス・ページの「最新情報」をアップデートしました。

www.kilpatricktownsend.jp

San FranciscoオフィスのPaul Haughey弁護士が投稿した故意侵害と故意の無知(willfull blindness)に関する記事を和訳しています。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁

PTAB、クレーム解釈にPhillips判例の基準を採用

米国特許商標庁は、IPRなどでPTABが採用するクレーム解釈にPhillips判決の基準(Philips v. AWH Corp., 415 F.3d 1303 (Fed. Cir. 2005) (en banc))を採用すると発表した。従来、broadest reasonable interpretationの基準を採用していたPTABであるが、より狭いクレーム解釈を用いることとなる。この変更は2018年11月13日以降のIPRなどに適用される。

キルパトリック・タウンゼント知財総合事務所 / 穐場 仁